代表のあいさつ

この度、代表理事をさせていただくことになりました、
大木 真吾(おおき しんご)と申します。

私は、約14年間サラリーマンとして、
いわゆる職人のようなITのエンジニアをやっておりました。

約一年前に会社を退職し個人で活動をするようになり、
最初は何でも一人でやろうとしていましたが、いろいろな方とお会いする中で、

  • 自分の得意分野が苦手な人がいる
  • 自分の苦手な分野が得意な人がいる

ということを感じる機会が増えてきて、協業の重要性を認識するようになりました。

また、個人で活動するにつれて、そもそもどうやって事業をやっていくのかという悩みも出てきました。

そんな状況の中、私は一国一城支援機構に出会い、ここでは何か面白そうなことができそうだとワクワクしたのを覚えています。

現在、IT事業部長としても一国一城支援機構内のさまざまな事業に関わり、いかに事業をするということが分かっていなかったなと再認識しました。
また、合わせてバックグラウンドの全く違う人たちが議論することにより、一人では到底考えられなかった事業の方向性が見えたり、最初に感じたワクワクが今でも続いています。

今回、機会をいただき、代表理事として一国一城の運営にも関わることになりましたが、
会員の皆様にも、私が今も感じているこのワクワク感をもって一国一城をうまく利用し、事業を行い、かつそこから十分な収益をあげていけるように、そして、一国一城にそれを求める人々が自然と集まる組織にしたいと考えています。

人は誰しも、何かが得意で何かの専門家(プロ)です。
あなたの得意なことを求めている人が必ずいます。

ぜひ、自分の得意分野を活かし、今までの自分にはできなかった事業を一緒に行い、
ガッツリ稼ぐ事業を一緒に作っていきましょう!

どうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人 一国一城支援機構 代表理事
大木 真吾

ページ上部へ戻る