代表のあいさつ

皆様、はじめまして。

2017年3月1日より、一般社団法人一国一城支援機構の代表理事に就任いたしました森山理人と申します。

 

『何がわからないかが、そもそもわからない。
何でうまくいかないのかが、そもそもわからない。
そんな私みたいな起業家を一人でも無くしたい』

という想いが今回の法人設立と、私の活動の根っこにある想いです。

 

私自身、転職も経験し、事業の立ち上げも経験しましたが、根本的に知識や経験に頼った考えのもと行動してきました。

その上で、私たちがいわゆる定年を迎えるころに自分の家族はどうなっているのか?日本はどうなってるのか?少し想像してみて下さい。

それを考えたときに、ワクワクする人と、不安を抱える人と両方いると思います。
日本の成長を支えてきた先人たちが現役を退くとき、信頼して任せてもらえる次世代のリーダーが必ず必要になります。
そのリーダーこそが同年代、また下の世代たちを今度は牽引していく立場になるはずです。

 

私たちは、経済的に自立をした次世代のビジネスリーダー集団を目指します。

好きな場所で、好きなビジネスを、好きな人と力を合わせて、好きな人のために遂行していく。

それは必ずしも東京である必要は無いんじゃないか?
自分の生まれ故郷でそんな事が“もし”できるなら、それはあなた自身も、あなたを見る人たちもきっとワクワクすると思います。

そんな“もし”を一緒に叶えませんか?

 

あなたの力で生まれるモノが、ここにはあります。

ご賛同と、積極的な参加を心よりお待ちしています。

 

ページ上部へ戻る