ブログ

一国一城コモン・センス vol.8 抱える課題には、共通項が存在する

抱える課題には、共通項が存在する

【一国一城のコモン・センス⑧】 by 大西勝馬(顧問)
 
それぞれが抱える課題には
まさかの共通項が存在するというお話
 
(5話連続の1回目)
 
一国一城の大西勝馬です。
顧問理事として一国一城が主宰する事業や会員の事業拡大や展開について、具体的な考え方や進め方を支援する担当です。
そして会員の方の個別事業相談にものっております。
 

それ以前も私の元にはなぜか、事業相談に来る方が後を絶ちません。

面倒なので、
いや効率を考えて(笑)
塾を開いていたほどです。
 

今回はそんな事業のお悩みについて、
真っ向から立ち向かっていきましょう!
 
私の周りには事業を始めたいと考えている方から、
もうしっかりと事業が軌道に乗っている方まで
実に様々な起業家の方々がいらっしゃいます。
 
起業家の方々を時系列でジャンル分けすると以下のようになると思います。
 

① 起業前
② 起業後1年未満
③ 起業後2年目
④ 安定・継続期

  
あなたはどれに当てはまりますか?
  
実は、それぞれの時期には皆さん同じようなお悩みを抱えておられるのですよ。
それはもう不思議なほどに共通項目が多いのです。
それでは、各時期の課題について、内緒でお教えしましょう(笑)
 

① 【起業前】
課題:分からないことが分からない・・・
   どこからどうすればよいのか分からない・・・
行動:活発に見える低迷期=目標を立ててもなかなか思い通りには進まない。

 

② 【起業後1年未満】
課題:人脈を増やそう!
   集客受注を増やそう!
行動:活動期=とにかく交流会や人の集まる場に出かけていって、知り合いを増やそう!

 

③ 【起業後2年目】
課題:売上に波がある。継続的な売上を確保したい・・・
   交流会に参加しても成果がない・・・
行動:やや低迷期=今までの交流会に参加しても成果につながらない。
   何かやり方が違うみたい・・・
   自分一人でやれる限界をどう乗り越えればよいか・・・
   どうすればよいのか分からなくなった・・・
   サラリーマンに戻ろうかな・・・という考えが頭をよぎることもある。

 

④ 【安定・継続期】
課題:売上をさらに伸ばすためには・・・
   効率よく利益を上げるには・・・
   雇用を増やすと利益が圧迫する・・・
行動:進化した見直し時期=先を見据えて今までのやり方以外の方法を模索する。
   新しい事業を並行させたい。
   知り合ったステークホルダーと組んで何かできないか。

  
 
いかがですか?
あなたに当てはまる部分はありませんか?
  
   
大丈夫です。
課題がハッキリしたら、
次はその課題をクリアすればいいだけです。(笑)
  
  

それでは、それぞれの課題をどうやって解決すればいいでしょうか?

  
次章から4回連続で課題クリアのための一案を提案していきます。
次回は①起業前の人の課題について。
また読んでいただけると幸いです。
 
 
※「コモン・センス」とは《常識の意》英国の思想家トマス=ペインが1776 年に米国フィラデルフィアで刊行した啓蒙書。独立への世論を高め、米国独立革命の成功に貢献した。(出典: デジタル大辞泉)
 
 
一国一城の、「ヒト・モノ・カネ・チャンス・ノウハウ」の詰まった事業計画の作り方が「1日でわかる! 事業創造 プログラム」はこちら
↓  ↓  ↓  ↓

1日でわかる! 事業創造 プログラム

(連載・次回に続く)

 
※「コモン・センス」とは《常識の意》英国の思想家トマス=ペインが1776 年に米国フィラデルフィアで刊行した啓蒙書。独立への世論を高め、米国独立革命の成功に貢献した。(出典: デジタル大辞泉)

+-----+-----+-----+-----+-----+-----+

一国一城が提案する『実現可能性95%の事業をつくるためのノウハウ』を身に付ける

“1日でわかる! 事業創造プログラム”

当機構の大西顧問が、丸一日かけてみっちりとあなたの脳を【事業脳】に変えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る